編集長阿部トモ☆通信 プロフィール

ルイ・アームストロング(Luis Armstrong)
サッチモ・シングス・ディズニー(邦題)
知らない街の夜を、親しい夜に。
安心感を与えてくれる魔法の歌声♪
いくら夜が好きだといっても、
知らない街で、
ひとりで過ごす夜は
どうしたって心細さが
ついてまわってしまう。
デカケテモ 宿泊サキデ 部屋ニイテモ…(^(エ)^;))))))…

光の構成要素も街の景観要素も
あるパターンがあって、
そのパターンを崩されているわけでは
ないはずなのに?と思うと
自分でも不思議なことだと思います。
ナゼカナ? (~(エ)~@)

特に宿泊した部屋で、
ひとり不安な気持ちで
一杯になってしまった時は大変!
まんじりもしないで
夜を明かしてしまったりします。
・・・(>(エ)<。)

どうしようもなく怖くて怖くて
眠れない夜に、聴いているのがこれ。
ハー (。・(エ)・。) ホット スル。

彼の歌声に癒されます。

まるで泣き虫の駄々っ子を
慰めるような優しさに溢れていて、
だんだんと慣れ親しんだ街にいるような
気になって心が軽くなります。

悲しいことやつらいことなんて
まるでない世界の中に
飛び込ませてくれる魔法の音楽のよう。

う〜ん。
彼の歌声とディズニーのメロディーというのは、
ひとを幸せにする素晴らしい出合いですね。
ルル〜ン♪ (^(エ)^) チムチム〜♪

※2010.10 .10 追記
あれれ?ジャケシャのタイトルと、
某storeで購入した場合の表示日本語タイトルが違う?
(◎(エ)◎)!アレレ? 

satchmo(サッチモ)ってそもそも何?
・・・と思って調べてみました。

ルイ・アームストロングは、
口が大きいことから、
satchel(かばん) mouth(くち)
・・・かばんのような口
という言葉を短縮して
satchmo(サッチモ)の
愛称で呼ばれていたそうです。

実は悪ガキで、
少年院にも入れられていたことも
あるそう。
少年院でトランペットと出合い、
ジャズの世界を知ったそう。

ソッカ・・・人ハ変ワレルンダ!
勇気ヲアリガトウ!!
(^(エ)^)b


過去の通信を読む