夜景のtypeとは?

紹介文

夕夜景
夕暮れ時の空が赤く染まる時間帯の情熱的な色彩の夜景。
いわゆる「夕焼け」時。EXでは「夕」時に訪れる「夜景」として夕夜景と表現しています。
郊外夜景
ベッドタウンなどの郊外部で見られる夜景のこと。
生活の光である蛍光灯、白熱灯が中心となった夜景。蛍光灯が多く見られる地域では全体的に白い印象の強い夜景。
都市夜景
繁華街や市街のネオン看板、商業施設などから漏れる色鮮やかな明かりが間近に展開する夜景のこと。
車の往来する光や都市の息吹を感じる高層ビル群などで構成される、活気を感じる夜景です。
アミューズメント夜景
テーマパーク、遊園地などで鑑賞できる夜景。
赤、青、緑、黄色、オレンジなどのイルミネーションが、観覧車やジェットコースターなどの遊戯施設に配され、遊び心を刺激します。
海夜景
いさり火、月が照らす海面など、景観のほとんどが空と海によって構成されている夜景。
光源となるものの少ない夜景ではあるものの、四季の移ろいや時間帯の変化でその表情を変えます。
朝夜景
朝方の空が白み始める前のほんの一瞬の濃紺と朱色が溶け合うような紫の時間帯の夜景。
いわゆる「朝焼け」時。EXでは「朝」時に訪れる「夜景」として朝夜景と表現しています。
大夜景
山上、展望台、高層ビルなどから俯瞰(見下ろして)鑑賞できる夜景。
日本三大夜景(函館・神戸・長崎)を含め、日本夜景遺産のうち、自然夜景遺産のほとんどがこれにあたります。
ライトアップ夜景
橋梁、ビル、タワー、歴史的建造物などの演出照明による夜景。
建造物の特性などを考慮した光を投射するため、夜の芸術作品のように楽しめます。
埠頭夜景
湾岸部で楽しめる夜景の中でも、埠頭を対象とする夜景。
船から貨物を出し入れするガントリークレーンや、作業用に周囲を照らすナトリウム灯が主な光源。
24時間操業する埠頭も多く、朝まで煌々とオレンジ色が瞬いてパワフル。
山岳夜景
その名の通り、標高の高い山岳部で鑑賞できる夜景で、月の明かり、星の瞬き、ほんの少しの人工的な光が中心となった夜景です。
大夜景とは異なり、人工的な光が非常に少ない深遠な夜景です。
工場夜景
主に京葉、京浜、東海、阪神、北九州の工場地帯など、プラントで構成された湾岸部などで鑑賞できる夜景。
煙突から吹き上がる炎も魅力的です。
水辺夜景
河川敷や湖などの淡水の水辺の夜景。
行きかう屋形船や船が光源となるほか、付近に建つ住宅やマンション、ビル群などの光が水面に映りこみます。
雰囲気夜景
YAKEI☆EX独自の分類の夜景。
「夜間景観=夜景」というよりはむしろ「夜」の“雰囲気”づくりを重視した空間性のいい場所のこと。
自分に合う夜景
YAKEI☆EX独自の分類の夜景。夜景鑑賞により運気をあげるための占い鑑定夜景。
こちらをクリックすると、占いページにジャンプします。試しに見てみてください。