ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
東京都港区海岸
秘密の扉を開く
見える夜景のタイプ: 夕夜景 | 郊外夜景 | ライトアップ夜景 | 都市夜景 | アミューズメント夜景 | 海夜景 | 朝夜景 | 大夜景 | 埠頭夜景 | 山岳夜景 | 工場夜景 | 水辺夜景 | 雰囲気夜景 |

レインボーブリッジを望むベスト・ラウンジ♪

 これが、レインボーブリッジを望む特等席!と思わず唸ってしまうほどの見事な眺望。それが「サンセットラウンジ」。ホテル インターコンチネンタル 東京ベイの6階に位置しています。「え?6階? ちょっと低過ぎるのでは?」との、ご心配は無用。むしろ、この高さこそベストなのだそうです。「遮るものは全くなく、ほぼ目線の高さでレインボーブリッジが見えるんです。この高さだからこそ、店内のどの場所からでもレインボーブリッジの鑑賞を可能にしているのです(夜景評論家丸々もとお氏談)」。なるほど、目からウロコです。低くても最適な場合もあるんですね。

 その名の通り、サンセットの時間に訪れてみました。斜陽する太陽の光が水面に反射してオレンジ色の世界。さらに日が暮れると、レインボーブリッジの光が主張しつつも、その向こう側の大井埠頭のオレンジ色の明かりも瞬いて見えます。さらに、席と席の間も広々として心地よく、どっぷりと夜景に浸ることもできます。しばらくすると、生ライブも…。テラスもあり、夏場には夜風を浴びながら楽しめるそうです♪ 夜景の癒しを得る方法


こだわり!発見
都市夜景が浮かびあがる!
都市夜景が浮かびあがる!  真正面にレインボーブリッジが望めるベストラウンジ。毎時定刻(00分)と30分には、緑色にライトアップ。祝日等にはピンク色に染まる場合もあります。左方向にはお台場の夜景。正面奥にはオレンジ色に輝く大井埠頭。そして、右方向には日の出桟橋や停泊する船。さらに左側には高層マンションが林立しています。特に、天高くそびえるマンション群は近年生まれた新しい夜景です。成長する都市夜景を眺めていると、私たちもちょっぴり成長しそうです。
ベストシートはどこ?
ベストシートはどこ?  店内のあちこちからレインボーブリッジが鑑賞できますが、あえてベストシートを選ぶなら、窓際の席か、少し突き出たスペースの正面の席。遮るものは何もなく、すっきりとした闇空と海を背景にレインボーブリッジが堪能できます。さらに、この席のように窓に近いスペースでは、お台場や天王州方面の視界も開けます。あっちこっちと夜景を楽しみたい人にもお薦めです。さて、お薦めの時間帯は開店後に近い夕暮れです。比較的人も少なく、夜景に浸れますよ。
それは映画のワンシーン!
それは映画のワンシーン!  窓際の席だけではありません。写真のように店内奥(壁際)から眺めてみると、湾曲した大判のガラス窓の向こう側にレインボーブリッジが鎮座しています。この窓が映画のスクリーンとするなら、映し出された夜景は映画のワンシーンですね。そして、訪れたアナタは映画の中の主人公です♪ さらに、奥の席にはソファシートも点在。かなりリラックスした状態で夜景鑑賞が可能なのです。グループでも利用可で、友人知人はもちろん、大切な接待にも最適です。
フードメニューも充実♪
フードメニューも充実♪  お酒はもちろん、サンセットラウンジにはフードメニューもあります。スペイン産生ハム、シュリンプ&アボガドカクテル、ホームメードナチョス、ソフトシェルクラブ…など、どれもお酒にぴったり。お腹が空いている方にはマルゲリータピッツアもありますよ。もちろん、甘いデザートも用意されてます。ほかに年間を通して企画も盛りだくさん。ちなみに、4月30日までは「春のロゼワインプロモーション」を開催。桜色の春を感じるには最高のイベントですね。
秘密の扉を開く

リストに戻る

トップへ戻る