ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル
横浜市西区みなとみらい  045-223-2368
秘密の扉を開く
見える夜景のタイプ: 夕夜景 | 郊外夜景 | ライトアップ夜景 | 都市夜景 | アミューズメント夜景 | 海夜景 | 朝夜景 | 大夜景 | 埠頭夜景 | 山岳夜景 | 工場夜景 | 水辺夜景 | 雰囲気夜景 |

大観覧車のイルミネーションを浴びて、イタリアン♪

 夜景は高層階でなくても十分楽しめるもの。それを証明してくれるかのようなレストランがこちら。
 昼間は大きな窓から降り注ぐ日差しも、夜になると夜景の光と変わります。「ホテルの2階ですが、横浜コスモワールドの観覧車や横浜港、横浜ベイブリッジが見えます。運河を走る屋形船やクルーザーの光も素敵です」と担当者。確かに、それほど店内は暗くありませんが、夜景はバッチリ見られます。特に、コスモワールドの大観覧車の艶やかなイルミネーションは見事!まるで、遊園地の中のレストランで食事をしているようです♪

 「当店は、イタリアのボローニャ出身のパスタ職人による料理が自慢です。特にトマト料理には定評があります(担当者談)」。地中海気分でトマト料理とパスタ。そこに美しい横浜夜景が加われば、リゾート気分が味わえられそうです♪ 
 ちなみに店名のラ ヴェラとは、イタリア語で「帆」を意味するのだそう。
  夜景の癒しを得る方法


こだわり!発見
観覧車を眺める特等席は?
観覧車を眺める特等席は?  店内に入ると、すぐ目に入るのが、目の前にドーン!とそびえ立つ横浜コスモワールドの大観覧車。店内は広いのですが、窓も広く、ほとんどの席から観覧車が見えるのです。
 絶景シートを探してみると、店内の奥へ行くほど観覧車に近いので、窓際の席が良いかも。近づくほどに、観覧車の光の浴びるような贅沢な体験が♪
 手前には運河があり、運が良ければ屋形船やクルーザーが行き交うシーンも楽しめますよ。
おや!? ベイブリッジ発見
おや!? ベイブリッジ発見  横浜港の対岸の位置する横浜ベイブリッジ。こちらのお店は横浜港に面していないため、さすがに見えないのでは?と思いきや、窓の向こうにしっかりと見えます♪ これにはびっくりです。さらに、ホテルの外壁と隣接する温浴施設の間の位置することで、遠くにあるはずのベイブリッジが間近に見えるから不思議。よく、月が上る時に大きく見える、そんな感じの錯覚です。お薦めの席は入口に近い間際です。テーブルのオイルランプもロマンチック!
 
地産地消の新鮮な素材が自慢
地産地消の新鮮な素材が自慢  料理に使用される食材は、神奈川県産の地元野菜や、地元漁港で水揚げされた旬のシーフードなど、シェフ自らが厳選した「地産地消」の新鮮な上質素材の数々。これらの素材の良さをグリルやソテー、ロースト等のシンプルな調理法で最大限に引き出しています。そんな本格的な料理はもちろん、テーブルサイドで行う料理の切り分けやプレゼンテーションなど、臨場感溢れるサービススタイルも人気です。夜景を前に会話もどんどん盛り上がりそうですね♪
お腹も心も満たす本格派♪
お腹も心も満たす本格派♪  本場のパスタ職人によるトマト料理のほかにも「旬の野菜を使ったピエモンテ風のバーニャ・カウダ」(1617円)、「季節の焼き野菜のマリネ」(1501円)、「自家製スパゲッティ カニとオマールエビのトマトソース」(2772円)、「ポルチーニ入りリゾット」(3003円)、「子羊背肉のグリル 季節野菜添え」(3234円)、「鮮魚のグリル」(時価)…と聞いていたら、お腹がなっちゃうような美味しそうなメニュー♪
 さらに知りたい方はWEBをチェックしてみては♪
秘密の扉を開く

リストに戻る

トップへ戻る