トレジャー夜景

信貴生駒スカイライン

(しぎいこますかいらいん)

奈良県生駒市

ここのホームページへ

1964年開通。登山口から王寺方面信貴山麓・信貴山門までを結ぶ全長20.9kmの有料観光道路。人口約260万の大阪市を中心とする平野部の全貌と山上遊園地を望む名所として有名。随所に展望施設がある。


大阪市民はもとより近畿一円の方々に愛されるスカイライン。大阪平野部の平面的な夜景は、神戸、札幌の夜景同様、全国屈指の大パノラマを誇る。光量、色彩も国内最高レベルで、平日・週末問わず、夜景を眺めるために多くのカップルが車で訪れている。人気のある駐車場の場合、まだ日の高い時間から訪れ、そのまま日が暮れるまで場所をキープする人もいる(“夜景待ち”と言われている)。「山上展望台」など多々の展望台を擁するが、信貴生駒スカイラインのほぼ中間地点の「鐘の鳴る展望台」は、広い駐車場から徒歩で山を上って1〜2分の場所にある。1階から階段を上がった2階の東屋からは、大阪市街の夜景に感動するが、その右手にある階段の先には、鐘の付いた“宙に浮いたような”展望スペースがある。とくに階段を上りきった最先端では、言葉を失うほどの絶景に出会える。「希望の鐘」もある。2008年4月25日には、新しく“愛の鍵”(南京錠)を取り付けるモニュメント「誓いのリング」を設置。鍵が付けられた大きな二つのリングの重なっている部分を二人で手をつないで通り抜けることで、愛を誓うという仕掛けだ。2008年8月6日には開業50周年記念イベントを実施。(通行料半額、南京錠プレゼント等)。その他、十三峠付近の駐車スペース等見所も多いが、バリアフリーなら、生駒スカイランドの料金所を過ぎた先の「パノラマ駐車場」がいい。

信貴生駒スカイライン