トレジャー夜景

国営昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション

(こくえいしょうわきねんこうえん ういんたーびすたいるみねーしょん)

東京都立川市・昭島市

ここのホームページへ

毎年12月初旬より催され、東京都多摩地区を代表する、大規模な冬のクリスマスイルミネーションイベント。


国営昭和記念公園は昭和天皇の在位50年を記念して、1983年10月26日に開園。東京都心部から西へ35キロ、立川市と昭島市の両市に跨がる立川基地跡地に整備された、静かで緑溢れる公園として親しまれる。レクリエーション施設としての面もあるが、大規模な震災などが発生した場合は、被災した都民の避難地としても機能も果たすよう設計されている。「緑の回復と人間性の向上」をテーマとし、首都圏に近接する位置にありながら、約180ヘクタールの広大な緑の空間を提供。当時、イルミネーションのきっかけとなったのは、1997年12月1日〜12月25日の25日間、クリスマスイベントとして、1万球の電飾で彩られたのが始まり。翌年より、屋外スケートリンクの廃止に伴う代替イベントとして、「ウィンタープレゼント」と題して電球が14万球に拡大され、現在の形として行われている。毎年約20万人の来場者で溢れ、恒例の目玉となるのが、2005年からスタートした、6,545個のシャンパングラスを33段に積み上げ、4.5メートルの高さを持つ「キングオブシャンパングラスツリー」。圧倒的な迫力で人々に光の色彩を印象づける。また、約400メートルにも及ぶ、カナールと大噴水のライトアップや、ふれあい広場の斜面に広がるグラウンドイルミネーションも来場者を楽しませる。園内では花火も打ち上がり、イルミネーションと花火の響宴は冬の夜空を艶やかに彩る。2010年度のテーマは「森のクリスマス」。(17:00〜21:00)

料金:大人400円/小・中学生80円/65歳以上200円
住所:東京都立川市緑町3173
昭和管理センター
042-528-1751

国営昭和記念公園 ウインタービスタイルミネーション