トレジャー夜景

晴海親水公園

(はるみしんすいこうえん)

山口県周南市晴海町

ここのホームページへ

晴海親水公園は、徳山駅南側の臨海地区における業務機能集積などによる有効活用を促進するため、人々に親しまれるとともに活気ある港湾を目指す「徳山下松港ポートルネッサンス21計画」により、山口県の港湾施設(徳山下松港晴海緑地公園)として徳山湾に隣接して建設。南国の情緒が溢れ、海辺に開かれたシンボル空間として、市民の憩いの場になっています。


園内からは、「株式会社トクヤマ徳山製造所」、「日本ゼオン株式会社徳山工場」をはじめとする石油化学関連のプラントやクレーンなどのコンビナート群が水面の向こう側に帯状に広がり、周南市ならではの工場夜景が楽しめます。海抜0メートル近い平坦な視点場から工場夜景が鑑賞できる公園としての日本夜景遺産認定は日本初。
 2011年(平成23年)から、地域のまちづくり会社「株式会社まちあい徳山」が『周南コンビナート夜景ツアー』を企画し、これら周南市の工場夜景を観光資源として様々な取り組みがスタート。7月から徳山駅至近の「ホテルサンルート徳山」による、日本初の工場夜景を特化した「工場夜景プレミアム宿泊プラン」が誕生。同時期に、マリーナを運営するマリーナレストラン「シーホース」による、中国地方初の工場夜景をクルーザーで巡る「工場夜景ハンティング・クルーズ」が始まっています。今後も、地元バス会社の防長交通株式会社による、工場夜景バスツアーやその他のクルージング企画も予定。「周南コンビナート夜景ツアー」の定着へと奮闘を続けています。
 なお、現在の周南市は2003年(平成15年)4月21日に徳山市・新南陽市・熊毛郡熊毛町・都濃郡鹿野町の2市2町が合併して誕生。公園内には広大な駐車場、公衆トイレも設置されています。

料金:無料
問い合わせ:周南市商工観光部観光政策課
TEL:0834-22-8372

晴海親水公園