トレジャー夜景

筑波山

(つくばさん)

茨城県つくば市筑波

ここのホームページへ

筑波山には男体山と女体山の2つの峰があり、山中には1000種類を超える珍しい植物も群生。登拝・ハイキングなど年間を通して自然に親しめる魅力ある山として知られている。筑波山中腹の筑波山神社には、夫婦和合・縁結びの神として多くの人々が参拝する。


筑波山には男体山と女体山の2 つの峰があり、山中には 1,000 種類を超える珍しい植物も群生。登拝・ハイキングなど年間を通して自然に親しめる魅力ある山として知られている。筑波山中腹の筑波山神社には、筑波男大神(いざなぎのみこと)、筑波女大神(いざなみのみこと)の夫婦二神を主 祭神とする全国屈指の由緒ある拝殿があり、夫婦和合・縁結びの神として多くの人々が参拝する。境内には樹齢約800 年、幹まわり9.8m高さ32mの大杉が御神木として 拝むことができ、見るものを圧倒し不思議なパワーさえも感じさせてくれる。山頂へのアクセスは、標高871mの男体山には筑波山ケーブルカー(高低差495m)、標高877mの女体山には筑波山ロープウェイ(高低差298m)が整備。天候に恵まれれば、150km離れた富士山のシルエットが夕暮れ時に望める。日没後、つくば市や土浦市の夜景はもちろん、埼玉、千葉、東京まで続く関東平野部の広大なパノラマが鑑賞できるが、市街地の光は少し遠方に帯状に広がる印象だ。一方、眼下の光群が少ないため、天空には星々の光が視認しやすいメリットもある。筑波山ロープウェイでは、 筑波山頂からの見事な大パノラマを鑑賞していただくため、毎年9月中旬から2月にかけて夜の空中散歩と称して「スターダストクルージング」を運行している。筑波山ケーブルカーでは、11月に山麓駅周辺及び沿線で紅葉のライトアップも開催される。

筑波山