トピックス

LEDの安全な普及のために「自治体サミット」/東京・知識
廃棄される照明に含まれる水銀のゆくえ
1月26日(木)13:30〜

寒い日々が続きますが
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
(^(エ)^)

さて、以前
LED照明器具の安全性が不確かだったこと
(昨年11月に経済産業省から
安全性向上のための
新たな規制内容が発表されました)と、

従来の照明からLEDに
替える際に増す
廃棄に対する不安を
ざっくりお伝えしました。


蛍光灯などのガラス管内には、
放電しやすくするために
アルゴンなどのごく薄いガスと
微量の水銀が入っているといわれます。

各自治体により、
「燃えないごみ」「リサイクル」と
ごみの回収方法は違うのですが
・・・(;・(エ)・:)
いったい回収された蛍光灯内の
水銀のゆくえは
どうなっているんでしょうか?


水銀ニ対スル標準的ナ許容範囲量ハ
0.00〜0.74ppm。
不適切ナ蛍光灯ノ処理ニヨル
水銀ノ汚染土壌ハドウシタライイノ?
水圏、気圏、生物圏ニ
ドノヨウニ影響スルノデショウカ? 
・・・・ヽ(゜(エ)゜;)ノエライコッチャ!!

前回ご紹介した”DLDEA信頼性マーク”
の発案者でもある
一般社団法人LED光源普及開発機構
代表理事の小林治彦さんから
メールをいただきました。
以下。。。。。。_(._.)_ フムフム。

「現状の蛍光灯のリサイクル率でも
40%程度とか。
当然60%は水銀を含んだままで
粉砕埋め立てにまわされています。
この現状に増して、
水銀を多く含むLED代替の真空光源球が
同じ経路で産廃に回されると
何が起こるのか?

この問題を誰が解決するのか?

砒素、ガリバリウムに害は無いのか?
等々LED光源(照明)普及拡大における
裏の事情にも目を向ける時期が
到来してきました。

1月26日に行われる
「自治体サミット」では、
水銀の産廃効率の向上について等の
解説を致します」

とのことです。

原発のこともあり、
汚染に関する問題は
わたしたち
ひとりひとりが真実を知り、
立ち向かう勇気を持たなければ
いけないときが来ています。

蛍光灯の廃棄による
水銀汚染を
見逃していないでしょうか。


■第三回「自治体サミット」の内容
第一部:13:30〜 基調講演/LED光源(照明)の改正PSE概要解説
第二部:14:40〜 LED電球形ランプ規格基準制定に
於けるEMCの最新情報について
第三部:15:50〜日本の蛍光灯廃棄率40%の不思議
第四部:17:00〜確定申告とLED照明
■場所
東京都中央区東日本橋
インターホール6階多目的ホール
■日時
1月26日(木)13:30〜
■一般の方の参加も可。(有料)

詳しくはこちら
一般社団法人LED 光源普及開発機構HP ↓
http://e-decoled.com

第三回「自治体サミット」の詳細↓
http://e-decoled.com/event/No3summit.pdf

事前申し込みが必要ですので
お忘れなく。(o^(エ)')b


お電話での問合せの際には、
「夜景プロデューサー 阿部トモの記事を見た」
とお伝えください。
 
お問合せ先/担当:事務局長 佐々木さん

TEL:03-5282-0229(一般社団法人LED光源普及開発機構)
携帯番号: 090-1264-9627(佐々木さん)

(^(エ)^)b
粋デ 紳士ナ オジサマデスヨ〜。


※写真は・・・
体内の水銀蓄積量が多くなった際に
出てくる症状について。
栄養医学研究所の「NMA検査報告書」の
一部です(※1)。
コノ検査ハ、爪ヲ採取シテ
体内ニ蓄積シテイル ミネラル量ヲチェックデキマス。
水銀ノホカニモ、ヨウ素ヤ、セシウム、ウラニウムほか
体内毒(デアル可能性ノアル)ミネラルノ
蓄積量モワカリマス。
・・・・・(;・(エ)・:)真実ッテ怖イデス。


(阿部トモ)

※1
体内の水銀蓄積量が多くなると
以下のような症状が現れます。
1、呼吸障害
2、奇形児
3、脳の損傷
4、中枢神経系統の障害
また、水銀中毒の最初に現れる体の変化として、
不眠症、目まい、疲労、居眠り、
虚弱、吐気、食欲減退、記憶障害、
神経過敏、頭痛、皮膚炎、無感覚、
および、唇と足のうずき、水銀中毒の段階が進むと、
歯の損失、付随運動(勝手に手足の筋肉が動く)、
感情の激しい乱れ(錯乱)、
腎不全にいたる場合があります。


2012/01/12